Natsuko Yokota

s_img1.png(18998 byte)
  • s_btn1.png(3795 byte)
  • s_btn1.png(3795 byte)
  • s_btn1.png(3795 byte)
  • s_btn1.png(3795 byte)

Mail Magazine

メールアドレス
s_bn1.png(82873 byte)
s_bn1.png(82873 byte)
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0
2014.08.10

【動画講座】効果的な紫外線対策の肌ケア、ホワイトニング肌ケアの方法

 

夏はやっぱり!海やバーベキューなど
野外でのレジャーが楽しみですよね^ - ^

 

私も、夏生まれの「なつこ」なだけあって
夏の晴れ晴れした日にお外で遊ぶのが大好きなんです!

 

 

今年の夏も軽井沢にいって

 

テニスやったり
お馬さんと森を散歩したり

他には海行ったりと

 

日差しばかり浴びております!!

 

 

(お写真:海風が気持ち良いひと時でした)

img

美意識が高い女性にとっては
夏は紫外線との戦いの日々でもありますよね!笑

 

 

今日は、レジャーで紫外線を浴びる予定がある方の

効果的な紫外線対策の肌ケアの方法を

お教えしていきますね。

 

 

 動画での解説はコチラからどうぞ

 

紫外線が強い季節だからといってただ

ホワイトニング化粧品を使ってケアをすれば良い!

 

というわけではないのですよ。

 

 

ホワイトニング化粧品は成分が強いことが多く

人によっては肌が乾燥してしまい

肌への負担をかけてしまうこともあります。

 

 

野外でのレジャーがある時は、

数日前からしっかり保湿ケアをしてください。

 

 

そして、レジャー当日または日焼けの火照りが

ぬけてからホワイトニングケアをしてください。

 

 

なぜかというと…

 

 

干物と生魚に例えるとわかりやすいのですが

すでに乾燥した干物はすぐに焼けます。

 

そして焼け具合は表面は硬く

中も水分が少なくなっています。

 

 

生魚は焼くのに時間がかかり
焼けてもフンワリ焼きあがります。

 

 

人の肌も一緒なの!

 

 

干物のように乾燥した肌は
紫外線の影響を受けやすくすぐに焼けやすい

 

 

生魚のように水分があるお肌は
紫外線からお肌をまもり焼けにくいのです。

 

 

 (お写真:牧場の高原にて)

img

私は、エステティシャン時代

5700人を超える肌をみてきました。

 

その中には数年間肌の継続的な

お手入れをさせていただいていた方もいます。

 

 

やっぱり、レジャー前に

保湿するかしないかは
大きな差があります!

 

ぜひ、レジャー前には
保湿を十分にしてくださいね。

 

 

ホワイトニングケアといっても

ホワイトニング化粧品を

使ってケアすればいいのではありません。

 

 

お肌本来の力を高め
紫外線から肌をまもり

 

ダメージぶんは

ホワイトニングケアをしていきましょう。

 

 

では夏をたっぷり楽しんでくださいね^^

 

今日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

心から感謝を込めて♡

 

 

なつこ