マインド

「今」という宝物に感謝をして「自分の中の安らぎの場」を育もう

こんにちはNATSUCOです。
みなさまいかがお過ごしですか?

きっと気持ちが沈んでいる人も
いるのではないかな~。

と思うのですが
陰の裏には光の面もあるのです。

だからあなたにも

自分と向き合える時間が増える中
光の面を育んで欲しいな。と思います。

私は陰と光の「光」から

今を生きる大切さや
日々の当たり前に感謝するべき
大切さを改めて感じました。

平和であればあるほど
当たり前になって忘れてしまいます。

改めてそれを感じられた事は
本当に大きな気づきであり
大きなギフトでした。

「今」というこの瞬間は
人生に一度しかない貴重な瞬間で

そこに目を向けることができると
私たちに与えられた宝物であることに
気がつくことができるでしょう。

※お写真:スイスのリギ山にて

私たちは忙しい日常の中

「後でこれやらないと」
「今夜のご飯どうしようかな」
「スーパー行って買いだめしないと」

先のことや過去に意識が囚われてしまい
今を生きれていない人がとても多いのです。

そしてその未来や過去に飛ぶ思考が
不安を作っているのです。

「あれやって失敗したらどうしよう」
「食料品がなくなったらどうしよう」
「あの時大変だったからまたダメかも」と。。。

私はマインドフルネスメディテーションをしているのですが

メディテーションを通じて
『今ここにいる自分』
に向き合うことができるようになると

今まで全然、今という大切な時を
生きていなかったなと
大きな気づきを得ています。

見えない未来にフォーカスをしていると
起きてもいない不安事などが現れてきます。

だから今この瞬間に意識を向け今を生き
本来の自分に戻ることが大切なのです。

そして、今を生きながら
日々の感謝できることに
意識を向けていくと

『自分の中の安らげる場』
に気がつくことができて

本来の自分らしさを
取り戻していけるでしょう。

※お写真:スイスのリギ山、雲の上の牧場

意識は集合体だから
不安に囚われていると
不安な世の中になります。

これは、先日まですごく
私自身感じていました。

理由はわからないのですが
なんだかいつもより思考が
ネガティブだったのです。

これは集合意識によるものかな。と
とても感じています。

だから、今私たちが家の中でも
世のかなのためにできることは
光に意識を向けることだと感じます。

不安なことばかりに
意識に向けるのではなく

この状況の中で命を救うために
働いてくれている医療関係者の方々に
感謝と祈りを捧げてみませんか?

そして私たちは今できる対策は十分し
普段は、今ここに意識を向けて

・あたり前のようにいつもいる
家族に感謝をしてみたり

・家があり穏やかに暮らすことが
できている事に感謝する

・コーヒー飲みながら
青空を眺めほっこり幸せだな~。

と今にある小さな幸せに
目を向けて感謝をする。

そうすると日々の小さなことに
感謝が溢れ出すでしょう。

あなたから溢れたす感謝や幸せは
大切な周りの人に安心感を与えたり

幸せをおすそ分けできる
そんな力があるのですよ♪

※リギ山にいたジャージー牛の幸せそうな親子

ぜひ意識を光に向けて
この状況からの光のギフトを
受け取り大切な人におすそ分けしてください。

意識は集合体ですから
きっとそうすれば、

あなたの周りの人にも
光が伝わっていくでしょう。