マインド

「自分軸」より「しなやかな心」の方がこれからの時代にちょうどいい♪

横田奈津子

みなさまこんにちは^^NATSUCOです

今日の記事は大自然の中で執筆しております♪

木々の木漏れ日をライトに
小鳥のさえずりをBGM
心地よく感じながら書いております。

さて、今コロナが流行り
社会が混乱する中で

「自分軸を作って自分のブレない心を作ろう」

ということが耳に入ってきます。

頑張り屋さんだった以前の私も
目標達成するために
自分軸が大切だと思っていました。

でも最近思うのです♪

メディテーションを通じて
自分と向き合っていく中で

「自分軸」より「しなやかな心」の方が
大切だな~って感じているのです♪

そもそも「自分軸が欲しい」
と思っている時って

ブレている自分が嫌で
自分軸が欲しいと思っている時なので
そもそも自分を分かっていない!

自分を分かっていない段階で
自分の理想の自分軸を作たり
コミットするのは

逆に人生誤った方向へと
いってしまう可能性があります。

なぜかというと、私たちの理想って
時にはテレビや雑誌などで

「これが女の幸せ」

「これが豊かな生活」

など情報コントロールさえて
理想を植え付けられていることが多いから

本当のあなたの理想ではない可能性があります。

だから、コントロールされたエゴを軸に
自分軸を作ってしまうと

ただエゴの強化をしてしまい
そのエゴを満たすために

どんどん苦しくなってしまう
可能性もあるから。

もし自分軸から外れたらきっと…
「私ってやっぱりダメだわ」と

罪悪感

劣等感

自己否定

に陥ってしまう人もいるでしょう。

自分軸って時には
とってもパワフルなもで
役にたつかもしれないけれど

時にはあなたのエゴを
強化してしまい苦しめてしまうものに
なってしまうかもしれません。

今ちょうど時代が
土の時代から風の時代へと
変わろうとしています。

戦後や経済成長真っ最中の時代だったら
自分軸が必要だったと思います。

しかし風の時代になり
権力やルールよりも

精神性の時代になる
これからどんどん変化して行く今は

どんなことにも柔軟に対応できる
しなやかな心こそが大切だと感じています。

でね実は、自分と向き合って育まれていった
しなやかな心って強い心でもあるのです。

何があっても折れないブレない心

よりも

何があってもしなやかで安定した心

こそに隠れた強さがあるのだと
私自身体感して感じています。

例えば

一見、太くて強そうな木でも
台風が来たっときポキッと
折れてしまったりもしますが

細くてか弱そうに見える竹は
台風が来ても風と共に
しなやかになびき

その柔軟性が
強さとなっていたりします。

最近の家を建てる時の耐震構造も

地震が起きても絶対に動きません!という
揺れに対してふんばるような構造だと

タワーマンションだったら
ポキッて折れてしまうでしょう。

だから最近は揺れをキャッチして
建物への揺れの影響を安定させる
構造になっていたりしますよね。

だから、「私の考えはブラしません!」
とふんばっていると

いつかは、ポキっとあなたの心も折れてしまうかも。

だから物事をありのままに
見れる力をつけて

柔軟にしなやかに
風の時代の流れにのって

自分にとって本当に大切なものを
育んでいくのが大切。

まっ、どっちを選ぶかは
自分次第だと思うのですね。

でも私の経験では
しなやかな心の方が

頑張っていて時の半分のエネルギーで
人生が豊かになってきているな〜。

と感じています。

だから今まで、鉄のような心を持って
自分を奮い立たせて来たけど
なんか違うと感じて来ている人がいたら

一度、鉄の心からマシュマロのような
しなやかで柔軟で甘~い心を
育んでみてはいかかでしょうか?

しなやかで柔軟で甘~い心は
自分にも他人にも愛と感謝に満ち溢れた
心を育んでいってくれます♪

 

<Venus worldオンラインサロン>

幸せ引き寄せ美人になって
理想の人生をクリエイトする
Venus worldオンラインサロン

詳細はこちらをクリック>>